INTERVIEW

お客様の商品販売活動において、WEBにおける新規ユーザーの獲得のご支援を行っております。

ご相談頂く商材にあったYahooやGoogle、LINE、Facebook、Gunosy、アフィリエイト、インフルエンサーといった費用対効果を鑑み、メディア戦略を考え、それに基づいて、広告出稿および運用、分析、改善までのPDCAを回しながら、幅広い領域のトータルプロデュースを行っております。また需要に応じて、WEB広告でトレンドの記事広告なども取り入れており、記事の構成からライティング、運用までも行っていたり、新規媒体なども随時メディアとの業務提携を進めていたりと、日々アップデートされるネットの世界で、お客様がWEBにあまり詳しくなくても、当社に頼んでいただければ、知識面でカバーできる体制造りを日々育んでおります。

データ分析者(データサイエンティスト)として、お客様の目標に対して、最高のパフォーマンスを出せた時に、すごくやりがいを感じます!

自分の作った広告でユーザーがそれに良さを感じて商品を購入してくれる、WEBならではの営業活動で自分もお客様も、エンドユーザーもみんな三方良しが体感できちゃうんです!ネットの世界では、すべてデータ管理されており、ユーザーの行動が可能です。故に、すべて与えられる条件は一緒です。そのため、データを使って、いかに最高のパフォーマンスを出せるかが、運用者として求められるスキルとなります。最近ではAIなども増え、機械自動学習(マシンラーニング)なども進んでおりますが、それも同様で、いかに最適に稼働させることができるか、それはどういうデータをマシンに与えれば良いかを人の手によって分析・解析していくことが必要となります。つまり、自分次第で、大きく結果が出せる為、自身のスキルUPになる所が面白いところです!もちろん、WEB広告費は年々上がっており、市場としてもまだ成長期です。機械化が進み人がする仕事が無くなっていく中、この領域に関しては、もっと、発展していくのも、面白みの1つです。

データサイエンティスト

SCHEDULE

9:00運用中案件結果確認

LPの運用結果について確認。どういうワードでクリックされているか、効率はどうかなど細かく確認し調整します。

11:00営業と打ち合わせ

これまでの分析データをもとに営業とどういう戦略で運用していくか、どういう媒体に出稿するかなど打ち合わせします。

18:00分析をもとに記事作成

打ち合わせをもとに原稿作成や制作チームへの作業依頼。試行錯誤しながらよりレスポンスのよいものを作り上げていきます。

OTHERS

その他のインタビュー

山田さん

東京支社 メディアプロモーション

山田 清範

2007年入社

川上さん

本社営業部 ダイレクトマーケティング

川上 楓

2017年入社