川上メイン画像
営業はお客様の言うとおりに広告をつくる単純なポジションではなく
もっと幅広いのものだと実感しています。

ダイレクトマーケティング
川上楓

入社2年目
宮崎公立大学 人文学部卒

ダイレクトマーケティング
川上楓
  入社2年目 宮崎公立大学 人文学部卒

販売戦略から考えて広告を作っていくのが仕事です。

一般的には印刷営業と言われますが、仕事内容はクライアント様の販売促進のお手伝いです。お客様のご要望によって、企画からご提案することもあれば、一つのツールの制作をお手伝いすることもあります。ただ単純に印刷物の原稿をいただいて印刷するだけでなく、一緒に販売戦略から考え、ゼロから広告を作っていくのが仕事です。

営業という仕事の奥深さを感じています。

現在、担当しているお客様は入社1年目に先輩から引き継ぐことが決まりました。まさか、こんなに早い時点でお客様を任せていただけるとは思っておらず、自分の勉強不足を痛感するとともにとても不安になりました。でもせっかく自分にまかせていただいたのだからお客様の売上をもっと上げたい、アド印刷の売上にも貢献したいと思い、先輩に教わりながら仕事をしています。
実際にお客様を担当する様になってみて、営業という仕事がお客様の言うとおりに広告をつくる単純なポジションではなくもっと幅広いのものだと実感しています。お客様の売り上げのためならお客様から提出のデザインラフ案にも修正をご提案したり、反響によって印刷物の仕様を変更したり、納期を確保するために協力業者様にお願いをしたり…全体を見渡しつつ先のことまで考えなければならず、簡単な仕事ではありませんが、その分やりがいもあると感じます。 

全国どこへでも営業に行けることに魅力を感じ入社を決めました。

広告業界に携わりたいと思っており、業界を絞って就職活動をしていました。そんな時に就活サイトでヒットしたアド印刷の説明会に参加し、食品会社や旅行会社、化粧品会社、学校や商業施設…とにかく広告のあるところなら全国どこへでも営業に行けることにとても魅力を感じアド印刷入社を決めました。
色々な職種の方にお話をうかがえるのはやっぱり楽しいですが、その分知らないこともたくさんあり、お客様のお役にたてる提案をするにはもっと勉強が必要だと思っています。
面接時から感じていましたが、アド印刷はアットホームな雰囲気の社風で社員同士仲が良いです。なので、自分が一生懸命やる気持ちがあれば、お客様からの課題は先輩も一緒になって考えてくれ、アドバイスをくれます。ぜひ安心して入社していただければと思います。

SCHEDULE

ある一日のスケジュール

川上

8:00 名古屋へ出張

名古屋の通販会社様のところへ出張。通常はお電話やメールなどでのやり取りですが月に数回はお会いして打ち合わせをします。

川上

11:00 キャンペーンの打ち合わせ

前回のダイレクトメールの反響をもとに、次回のキャンペーンの企画を練ります。お客様との信頼関係があるからこそ、売上数字を共有してもらえ、次につなげることができます。

 

12:30 お客様と昼食

お客様に地元で話題のお店につれて行ってもらいました。お客様ではありますが、結局は人と人。コミュニケーションをしっかりとることで良いものをつくる事ができます。

川上

13:30 引き続き打ち合わせ

ダイレクトメールの開封率アップを課題とされていたため、事前に用意した封筒数種をご提案。デザインの違い、形状のちがいで反響が変わるので気がぬけません。

15:30 新規クライアント様を訪問

出張先でも複数の企業を訪問できるようにしています。事前にアポイントをとり新規開拓を行います。